導入実績|大涌沢グラウンドアンカー
尾鷲沢市の高耐食接地アンカー
大桜沢地すべり対策事業
尾鷲沢の地すべりは火山性です。フマロールと強い酸性熱水効果により、地下岩盤は粘土質になり、土壌の液状化が進んでいた。そのような状況を考えると、耐腐食性と耐熱性の材料が必要とされ、NMグラウンドアンカーが適用されました。
 
 
発注者 神奈川県県西土木事務所小田原土木センター
所在地 神奈川県
規模 アンカー長 19m~25m 134本
使用材料 CFCC1×7 φ12.5 L=約3,022m(3本マルチ)
補強材用途 グラウンドアンカー引張り材
竣工 2012