導入実績|Nimmo Parkway
ニンモパークウェイブリッジ
下部構造のプレストレストコンクリート杭に対するCFCCの適用
バージニア州では、PCパイルが沿岸構造物の下部工として多く使用されています。しかし、それらのPCパイルでは塩害による補強鋼材の腐食劣化が問題となっています。そこで、腐食劣化の心配がないCFCCが、Nimmo Parkway Bridge の橋脚部全体の約10%にあたるPCパイル18本に適用されました。Nimmo Parkway Bridgeは、川と湿地を跨ぐ全長1,500フィート(約457.2m)の区間に架けられるPC橋で、バージニア・ビーチへのアクセス道路の一部となります。新しい橋の建設で道幅が拡大され交通渋滞が緩和されるとともに、自転車運転者及び歩行者の安全性が改善されています。CFCCの適用による橋梁下部工の早期劣化対策効果が確認され、このような特別な海洋環境下で要求される維持管理費用の削減に寄与することが期待されています。
 
 
発注者 バージニア州交通局
(VDOT)
所在地 米国バージニア州バージニアビーチ市​ ​
規模 橋の長さ:1,500フィート
(457.2メートル)
補強材用途 プレストレストコンクリート杭
(CFCC 1 x 7 15.2、CFCC U 5.7)
竣工 2014
 
参考:Nimmo Parkway - Carbon Fiber Reinforced Piles​ ​